ゼロから英語

【社会人英語勉強法】10カ月でTOEICスコアを435⇒840点まで上げた方法を徹底解説!

今日は社会人の必須英語資格TOEICに関するお話です。

妖精は、会社に入社した当初は文法はある程度分かるものの全く話せない、聞けない、の日本人英語学習者の典型でした。

しかし、アメリカへの留学という目標が出来てから仕事の合間、土日を使って猛勉強し、10カ月でTOEICのスコアを435点⇒840点まで上げてアメリカへ社会人留学したことがあります。

今回は妖精の英語勉強法、短期間での、TOEICスコア攻略方法を徹底解説します。

少し長くなりますが、必ずすぐに結果が出る方法ですので短期間でスコアアップを狙っている方は、是非最後まで読んでみてください。

【TOEIC勉強法】10カ月でTOEICスコアを405点【435⇒840点】上げた方法を徹底解説!

☑まずはTOEICの問題形式を研究して熟知する

TOEICの試験概要は、
リスニング45分100問 +リーディング75分100問
=120分200問からなります。

私が初めてTOEICを受けた時は、入社した時でそもそもTOEICの問題形式すらきちんと把握できていませんでした。

その結果、あまりのボリュームに最後まで問題が終わらず結果435点と撃沈。。。

パート7の長文なんて、最初の3問程度で終了~。

と、と、と、TOEICってこんなに沢山問題あるのかー。

でも、その初めて受けた時にいくつか気づいたことがあります。それは、

①時間配分がめちゃくちゃ大事
②問題形式に慣れればもっと早く解ける
③当然英語力自体を向上させることも大事

この三つです。もちろん、文法、長文、リスニング全て勉強の必要はありますが、
特に①②が大事、これってゲーム的な要素が強くないか?というのが妖精が初めてTOEICを受けた時の感想です。

でも、どうやって上記①②を準備すればいいの?
その方法は、次の項目で解説します。

☑テクニック本を読みまくって作戦を立てる、TOEICを攻略する!

TOEICは英語のテストではありますが、受験回数に制限はなく、いつもきまってパート1~7まで、リスニング45分、リーディング75分の120分。問題形式も一切変わりません。

つまり、ゲームと同じなのです。皆さんもTVゲームなどで最初は全然うまくできないものが、攻略本を読んでその通りにやったり、回数を重ねるごとに上手くなり、クリアした経験があるのではないでしょうか? TOEICもまったく同じです!問題形式に慣れ、黄金の時間配分を体に覚えさせさえすれば確実に受験する度に得点は上がっていきます!

正直、少し高校での英語学習や、大学入試での英語勉強をした方であれば、
最初の650~700点程度まではテクニックを身に付けるだけですぐに到達します。

私の場合は、ロバートヒルキさんの本TOEIC(R)L&Rテスト直前の技術や、ヒロ前田さんの本を参考にし、2カ月で700点に到達しました。ちなみに、特に重要なのは以下の通り時間配分のテクニックです。

☑【重要テクニック】リーディングはパート7から解き始め、55分以内で終わらせる

最初のパート1~4までのリスニング45分が終わると75分のリーディングがすぐに始まります。そこで一番大事なこと、それは、パート5からは解き始めない、ということです。

必ず、パート7の長文から。
しかも55分で時間を計って解き始めてください。

もっと厳密に言えば、TOEICは13:00~スタートして、リスニングは最初45分ありますよね。なので、13:45~15:00がリーディングの75分です。従って、リスニングが終わってリーディングが始まったら、すぐにページをめくってパート7へ進みます。特に、750点以上でさらにスコアを上げるには、このパート7をいかに沢山といて正解するかにかかってきます。逆に言えば、ある程度の力のある方は、パート7にしっかり55分かけられれば相当な数の問題を解くことができます。

また、リスニングの45分でパート1-4を終え、リーディングでパート5、6を終えたころには多くの人は相当頭がクタクタになっています。その点、リスニングが終わったらパート7からすぐに解き始めればまだ頭の元気な、冴えている状態で重要なパート7に全力を注ぐことができます。

ただし、

パート7を解く時間は、13:45~14:40までの55分です。

終わってなくても、ここでパート7は終えて、パート5、6へ進んでください。

☑【重要テクニック】パート5、6は両方で20分で終わらせる

パート7で55分を費やしたら、残り20分をパート5、パート6に費やします。目安としてはパート5の1問あたり約20秒、パート6は1問あたり30秒程度ここはとにかく悩まずに、直感でさっさと回答していきます。

TOEICで高得点を目指すのに大事なのは、正答率ではなく、すべての問題を解き終わること、です。

☑徹底的にTOEIC公式問題集で時間配分に合わせて解いて、スピードに慣れる

上述の内容でいかにTOEICにおいて時間配分が大事か、お分かりいただけたと思います。では、それをどう実践すればよいか?TOEICにおいて高得点を取るためには、すべての問題が時間内終わるスピードを体感することは非常に大事です。

そこで役立つのが、TOEICから出されている公式問題集。

試験前に、必ず最低1回、出来れば、2、3回模擬試験のつもりでしっかり時間を計って、
問題を解いてみましょう。高得点を狙うためには、120分ですべての問題を解き終わるスピードを体感し、体に覚えされることが非常に大事です。

公式問題集は、3,000円少々してかなり参考書としては高いですが、高得点を狙うためには妖精は必須であると思います。

☑【英語力の根本的底上げ】効率的に、特典が上がりやすいパート順に準備する

 

せっかく時間を費やしてTOEICの勉強をするなら、要領よくすぐに得点が上がるパートを勉強した方がいいです。ロバートヒルキさんのテクニック本では、以下の通り勉強するよう推奨しています。

Part2⇒Part5⇒Part6⇒Part3⇒Part4⇒Part7⇒Part1

妖精も実際にその通り勉強しましたが、おおむねそれはそうだと思います。
ただし、上記の方法に一つだけ妖精が異論を呈するのであれば、
パート7を時間内で解く練習も結構大事です。

以上、妖精が10カ月で435⇒840点までスコアを上げた方法、テクニックの概要をお話しました。

【まとめ】

①まずはTOEICの問題形式を良く知る
②テクニック本を読みまくって作戦を立てる、TOEICを攻略する!
③【重要テクニック】リーディングはパート7から解き始め、55分以内で終わらせる
④【重要テクニック】パート5、6は両方で20分で終わらせる
➄ TOEIC公式問題集で全ての問題を120分で解き終わるスピードを体に覚えさせる
⑥【英語力の根本的底上げ】特典が上がりやすいパート順に準備する
TOEICは英語のテストですが、ゲーム感覚で攻略していけば確実に得点が上がっていくテストです。効率的に勉強し、当日の解き方の黄金の時間配分を活用して、是非あなたも短期間でのスコアアップに挑戦してみてください。
何か不明な点があればいつでもお問い合わせフォームからご連絡ください。
お忙しい所、最後までお読みいただき本当にありがとうございました!

-ゼロから英語

© 2021 妖精ブログ Powered by AFFINGER5